CG CLUB 代表兼 NEWSLETTER 編集長 加藤哲也・事務局からのご挨拶

2012.06.05

CG CLUB 代表兼編集長からのご挨拶

「もっと密に!」
株式会社カーグラフィック 代表 加藤 哲也

CG CLUB会員の皆さん、創立25周年おめでとうございます。CAR GRAPHIC50年の歴史のうち、ちょうど半分をCG CLUBの方々と共に過ごしたことになり、感謝の念に堪えません。
この記念すべき年に、リニューアルを果たして生まれ変わったNEWSLETTERをお手元に届けることができ、大変光栄に思います。
世界にはCAR GRAPHICより長い歴史を持つ自動車雑誌がいくつか存在しています。しかしCG CLUBのような熱心な読者組織に支えられた自動車雑誌は、世界のどこを探しても存在しません。
おかげさまでCAR GRAPHICは日本を代表するリーディングマガジンとして、国内外から高い評価を得ています。皆さんのように感度の高い、目の肥えた読者に育てていただいた結果といえるでしょう。
そんなCAR GRAPHICとCG CLUBの関係を今まで以上に密接にすること。NEWSLETTERのリニューアルに踏み切った最大にして唯一の目的がそれです。生まれ変わった新しいクラブ会報誌を、どうぞお楽しみください。

CG CLUB 事務局からのご挨拶

「事務局よりこんにちは!」
株式会社カーグラフィック 富澤 冴子

CG CLUBの皆様、はじめまして。
この度、事務局を担当することになりましたCG編集総務の富澤冴子と申します。
クラブ設立25周年、CAR GRAPHIC創刊50周年の記念すべきこの年に新体制となったCG CLUBの運営に携われることをとても嬉しく思います。皆様のお役に立てるよう精一杯頑張りますので、お困りのことやご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
今年はアニバーサリー・イベント企画もいろいろと進行中です。詳細が決まりましたら、NEWSLETTERやCG誌面にてご案内いたしますのでお見逃しなく!

「CG CLUBとCG編集部の橋渡し」
株式会社カーグラフィック 桐畑 恒治

ご存知の方も、そうでない方も、改めてご挨拶申し上げます。
CG CLUBとNEWSLETTERのチェンジに合わせて、CG CLUBの事務業務を担当することになりましたCG 編集部の桐畑恒治です。以後お見知り置きを。
さて、本誌の編集部員がなぜに事務局スタッフを?とお思いのかたに少々説明をば。ご存知のように、皆様にご入会いただいているCG CLUBは、CG本誌やCGTVサポーターのコミュニティです。ここでは会員の皆様にCGやCGTVが提案するモータリングライフを楽しんでいただけるよう様々なイベントを企画中ですが、そんなイベント関連のお手伝いをするのが僕の役割。加えて言えばCG編集部スタッフと会員の皆様の橋渡し役、ですね。CG CLUBとCG編集部の関係が密になれば、さらに充実した自動車趣味生活を送っていただけるものと思っております。
TTDや弊社主催のイベント等へご意見・ご要望は事務局までどしどしお寄せくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。